人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
本日二日目っす。
昨日、無事に最終公演の幕が開いた。
これはいつも思うことだけど、初日というのは、演者の側はむろんだけど、客席の側にもある種の緊張感がある。
何しろ観るほうだって初めて観るわけだしね。
観る側もちょっと肩に力が入ってるというか。
で、初日に来てくれるお客さんであるから、そこはやっぱりわしらを贔屓にしてくださってる方々でもあるので、何というか、反応が普段よりも何割り増しにか熱いように思うのね。
そういう意味では、今日の二日目以降から、ようやくお客さんの反応や評判というのももっと落ち着いてくるはずで、ここはひとつ、今日も気を引き締めていかなければいけない。

それにしても、昨日のじんたんは良かった。
さすがだ。
日替わりゲストというのは、お客さんにも楽しいと思うけど、オレたちにとっても楽しい。
今日はリリパの野田晋市くんである。
楽しみだ。
うむ。
昨日のじんたんが良かったという話をして、プレッシャーかけたろうかな。
そんなことして何の意味があるのかわからんが。

まぁ、くどくは言うまい。
よくも悪くも、これがM.O.P.の最後の芝居である。

どうか観に来てください。
# by mop-makino | 2010-07-18 10:02
いよいよ本日初日っす。
昨日は10時から残りの明かり作り、12時半から場当たり、舞台稽古再開。
3時過ぎに終了して5時からゲネプロ、いわゆる本番通り舞台稽古。

うん。

面白いぜ。

お客さん的にはどうなのか、こればっかりは毎回実際に幕を開けてみなくてはわからないのだが、少なくとも昨日のゲネはオレにはひじょうに面白かった。
で、オレが面白きゃ、もうそれでいいのだ、今回は。
もう、そう思って今日初日の幕を開けることにする。

いいぞ、いけいけ!

ちなみに。
今回、大阪、東京、京都のそれぞれのステージには日替わりでゲストに来てもらう。
いずれも過去にM.O.P.に客演した人たちに頼んだ。
みんな快く引き受けてくれた気のいい役者さんたちだ。
でもって。
今日の歴史的な初日は森下じんせいくん(じんたん)だ。
ゲストには、もちろん、劇中のかなり重要な場面で、重要な役で出てもらう予定なのだが、開演前に少しオレとフリートークもしてもらうことになっている。
ていうか、つい先日思いつきでそう決めた。
今日、じんたんが劇場に来たら、早速そう伝えよう。
じんたん、あせるやろうな。
しかしじんたんもいきなりでアガるやろうが、わしらも初日でガチガチにアガってるから、オアイコなのである(何がだ)。

よし、いいぞ、いけいけ!

ベイビー、ウィー・アー・ボーン・トゥ・ラン!

いよいよ本日、劇団M.O.P.最終公演『さらば八月のうた』初日っす!

お、何か、文章若ぇーな。

いや、そーでもないか。

ま、とりま、初日なのっす。
# by mop-makino | 2010-07-17 00:25
ひそかに再開。
酒井のオヤジのブログ、まだ海苔巻きどーんのままだなぁ。
といいつつ、オレのも『新センセイの鞄』無事開幕だって。
むうー。
何だかえらい昔の気がする。
間にまるまる一本『ローマの休日』とかあったのにな。
劇団最後の年だというのに、またえらく不精してしまったものだが、実際の話、ホンマに洒落にならないぐらい余裕がなかった。
今回の台本が書きあがった日に更新しようと思ったら、その日につかさんの訃報を聞いた。
つかさんのことについては、意味をつけようとすれば、いかようにも過剰な意味がついてしまいそうなので、今はあえて何も考えないようにしている。
そして、今日はいよいよM.O.P.最終公演『さらば八月のうた』ゲネプロの日である。
というわけで、これを機にこっそりと再開して、これからこっそりと更新してゆこうと思う。

まずは無事に幕を開けなくちゃね。
# by mop-makino | 2010-07-16 08:45
『新センセイの鞄』無事開幕!
『新センセイの鞄』も19日に無事に幕が開いた。
劇場入りしてからは例によってタイトなスケジュールだったのだが、「きっと何かはあるだろう」と心配していたトラブルもほとんどなく、すべての部署がほぼスケジュール通りに進行した。
これは、本当にすごいことだと思う。
ミュージカルとまでは行かないまでも、いちおう音楽劇であるので、通常のストレート・プレイの場合よりもテクニカルに時間がかかる。
加えて、作品の性格上、一幕二幕あわせて16場もある。
本来なら転換稽古だけでも、手間がかかるところだ。
それがオンスケジュールでスムーズに進行したというのは、ひとえにスタッフさんたちが優秀だからである。
感謝感謝。
俳優さんたちも初日にゲネプロ、本番をやって翌日にも昼夜公演というハードなスケジュールを乗り切って、演技も次第に固さが取れて、劇場にはゆるやかに清らかな時間が流れ始めている。
繰り返しになるけど、いい芝居になったと思う。
例によってパンフレットはないので、配役とMナンバーだけはここに記しておくことにする。

沢田研二 …… センセイ
富田靖子 …… 大町ツキコ
田中隆三 …… ノブヨシ 島の和尚
松永玲子 …… ミチル(ツキコの友人) スミヨ(センセイの亡妻) 石野先生
細見大輔 …… 小島孝 ヤスダ(居酒屋の客)
山崎イサオ … トオル(居酒屋の客) 摂津先生
すわ親治 …… サトル(居酒屋主人) 謎のストリートミュージシャン
小西康久 …… ナルセ(居酒屋の客)
山口智恵 …… ヨシエ(居酒屋の女将) 女性バーテンダー
宴堂裕子 …… ツキコの母 島の旅館の女将
伊藤聡子 …… ユカリ(ツキコの友人)

M1 『相手のいないラブソング』
M2 『箪笥の中の乾電池』
M3 『キノコ狩り』
M4 『帰り道がわかりません』
M5 『お花見のうた』
M6 『相手のいないラブソング』(リプライズ)
M7 『ラッキー・チャンス』
M8 『すれ違い』
M9 『よろしくお願いいたします』
M10『ラブソングをあなたに』

以上。
4月4日まで新宿紀伊國屋サザンシアターでやってます。
よろしくです。

で、昨日は休演日で久々の休み。
ふー。
一ヶ月ぶりくらいか。
せっかくの休みを有効に使おうと思ったが、結局洗濯をして、部屋の掃除を少しして、溜まってた大河ドラマを見たら、それで終了だった。
ホンマは確定申告の領収書の整理をしなきゃならなかったのだが、とてもその元気なし。
やっぱ人間は一週間に一日くらい休まんといかんようにできているのだ。
そして今日はこれから劇場入りの前に次の『ローマの休日』のための打ち合わせがあって、何もそんなに焦らんでもとか思ってたのだけど、考えたら明後日から稽古に入るのだった。
うーむ。
どうなる、オレの確定申告。

知ったこっちゃないですか。
そうですか。
# by mop-makino | 2010-03-24 10:19
近況、その3。
一昨日は稽古場最終日。
ずっと『上海バンスキング』に出演中だった小西君は今日からようやくフルタイムの稽古参加となる。
ので、まずは彼の出番のある場をすべてさらう。
さらにセンセイとツキコさんのデートの場面の前半だけあたって、2時から衣装付きの通し稽古。
稽古場での最後の通し稽古である。
終わってダメ出し。
素直に、いい芝居だと思う。
泣けたしなぁ。
演出家が稽古を見てて泣くというのもどうよ、とよく言われるが、でも、オレが泣けないような芝居を観客に見せるわけにはいかんじゃないのよ。

とにかく稽古場でやれることはすべてやったと思う。

で、昨日からは劇場入り。
オレは昼間に赤坂でMONOの『赤い薬』の千秋楽を観てから、奥ちゃんと一緒に劇場に入って道具調べ。
MONOはよくぞこの日まで公演しててくれた。
この日、この時間がピンスポットで唯一観られるドンピシャの時間だった。
道具調べというのは、実際に使う大道具を劇場に建て込んでみて、いろいろな最終的なチェックをすることなのだが、美術家としては最後の大事な仕事でもある。
で、いきなり修正箇所が発覚し、奥ちゃんは新しい紗幕を買いに走って行った。

いや、それにしても奥ちゃんもすごいな。

昼間に役者をやってて、そのまま別の劇場に美術家として入って道具調べだよ。
そんな美術家、聞いたこともないぞ(笑)。

途中、こちらも稽古開始の迫っている『ローマの休日』の衣装の宮本さんとプロデューサー、舞台監督さんが来て、劇場ロビーで二回目の衣装打ち合わせ。
戻ってきた奥ちゃんにもセットと衣装の色合いのことで参加してもらい、奥ちゃんはその後、ローマの道具の仮発注に。
おいおい、どんだけ忙しいんだよ。

オレはその後、照明シュートに付き合って10時まで。

で、今日は朝から照明作り。
夕方からは役者さんが入って場当たり。

いよいよ、大詰め、である。
# by mop-makino | 2010-03-17 08:24