マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
終わった…。
CS第一ステージ初日は、稽古が終了してから、携帯で試合結果を見た。
稽古は10時までである。
途中の休憩中に見る気にはなれなかった。
で、終わって見たら、完封で負けてた。
二日目も稽古が終了してから携帯で結果を見た。
3-7で勝ってた。
前日まったく打てなかったクリーンアップが打って勝った。
三日目は、稽古の終了前の休憩中に我慢できずに見た。
すでに試合は終わってた。
0-2で負けてた。
岩田が好投して8回まで0で抑えたが、9回に登板した球児がウッズに2ランを打たれ、その裏の最終回、新井、金本、鳥谷のクリーンアップが三者凡退に倒れて、試合は終わった。
岡田阪神の終焉として、ちょっと出来すぎのような負け方だった。

そういうことってあるのな…。

世の中ってな…。

もう、今年は巨人の日本一でいいです。

申し訳ないが、今夜はそういう、ミモフタモナイ気分です。

でもって、酒がうまいんでやんの。

嗚呼…。
[PR]
by mop-makino | 2008-10-21 01:18
アクシデント!
松竹座の「女ひとり」について、無事に幕を開けたとか書いたばかりなのに、アクシデントが!
柳枝師匠役の斉藤洋介さんが舞台で足首骨折したという連絡をもらった。
骨折するような激しい場面ではなかったはずだが、こういうのはもう仕方ない。
起こるときには起こってしまうものだ。
三年前、オレ自身が骨折したときもそうだったし。
そういや、今年の初め、「夢のひと」の舞台稽古前にも意味なく、ホンマに意味なく、歩道を普通に歩いてて、足首をひどく捻挫して、そのあ一ヶ月くらい足引きずってたし。
そういうことって起こるのだよ。
ホンマに。
で、斉藤さんは18日をもって降板し、翌日から渋谷天外さんが急遽代役に立たはるそうだ。
こういうことは滅多に起こることではないけれど、くどいようだが、それでもやっぱり起こるときには起こる。
斉藤さんの無念もいかばかりかと思うし、天外さんの大変さも想像を絶するのだけど、今の自分には何もできない。
遠く離れた東京にいて、ただただ、現場が何とかうまく行くようにと、何よりもその状態をおして明日最後の舞台に立たはる斉藤さんの症状が、これ以上悪化せぬようにと祈るばかりである。
演出家の立場から言えば、稽古期間でともにした苦労のこともあるし、もちろん最後まで斉藤さんの柳枝役で行けるのがよかったに決まってる。
ただ、急遽登板する天外さんも、それはもう、それはもう、素晴らしい俳優さんだし、むしろオレ自身が早く天外さんの柳枝師匠を見たいとさえ思ってるくらいだ。
だから、これからご覧になるお客さんにとっても、決してマイナスなアクシデントではないと思う。
もちろん斉藤さんの舞台を楽しみにしてはったお客さんには残念なことでしょうけれど、それでも決して舞台のクオリティーは落ちないと思いますので、どうかご容赦、そしてご安心を。
関係者各位、大変でしょうけど、そして何のお力にもなれませんが、何とか乗り切ってください。
祈っております。

がんばれ。
[PR]
by mop-makino | 2008-10-18 00:55
「フユヒコ」絶賛稽古中!
う~む…。
「4ゲーム差になって微妙」とか書いてたのが、今となっては空しいのう…。
よもや岡田辞任なんてことにまでなるとは、さすがに思わへんかったわ。
なぁ?
今岡くんも痛いエラーいっぱいしてしもうたし。
嗚呼…。

で。

まぁ、ようやく身辺も少し落ち着いてきた。

古い話で恐縮だが、松竹座の「女ひとり」も無事に幕を開けた。
大阪のお客さんというのは、楽しみ方をよう知ってるなぁと思う。
正直、初日はまだそのお客さんに助けられてるとこがずいぶんあったけど、スタッフにもれ聞いた話によれば、その後も上演時間もいたずらに延びることなく行ってるようなので、おそらく今は芝居もずっと良くなってることと思う。
こちらのほうは、今月の終わりに名古屋御園座に移動したときに観るのを楽しみにしておこう。
うん。

で。

現在は青年座の「フユヒコ」を稽古中である。
11月紀伊国屋ホールの青年座による三作品連続上演のトップを飾る芝居であって、三本の中では、もっとも小粒な小品といった感じのコメディである。
初演は11年前だが、何しろ自身で演出するのは初めてなので、これがなかなか新鮮な体験なのね。
自分でやってみて、あらためて難しい芝居であることがわかったりして。
あはは。
ダメじゃん、それじゃ。
ま、難しいということは、そのぶん面白いということであって、稽古は楽しい。
これ、ぜひ観てほしいと思う。

てことで、またちょいちょい書きますんで、ひとつよろしく、である。

CSのことは横目で見ときますわ。
今の心境じゃ正視にたえん。
[PR]
by mop-makino | 2008-10-15 14:53