マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
春だよ、世間は。
『ぼんち』の稽古は、最終クールに入っていよいよ加速しております。
キャンプ終盤、実戦形式の仕上げに入っている感じ。
今日は芝居の稽古終了後に流石先生の振り付け。
でもまだまだやることはいっぱいあって、ま、毎度のことながら、これから開幕までは時間との勝負である。
うむ。
がんばれオレたち、って感じですな。
前にも書いたが、今回の作品は文芸作品であり、同時に音楽劇というエンターテインメント色も濃いものであるので、なかなかにハードルが高いのだ。
場面転換もたくさんあるしね。
そのことと直接関係してるってことはないのだが、ここのところあらためてジョン・レノンをよく聴いている。
何か、そういう心境なのな。
♪ワレバ・ゲッチュ・スル・ザ・ナーイ!(Whatever gets you thru the night)っていう。
何かこう、ぶっ飛ばして行きたい感じだ。
とにかく手ごたえは十分にあるので、すべてがうまく行きさえすれば、かなり変わった面白い芝居になると思う。
うむ。
とにかくベストだ。
ベストをつくすのだ。

押忍。

でさ。
稽古場の近くにけっこうな桜並木があるのだが、おお、そろそろ咲くなぁなんて思いながら走ってたら、昨日あたりからいっせいに咲いて、もうほとんど満開の状態だ。
しかしまぁ、桜が咲くとそわそわするよねー。
花見したくてさ。
何ちゅうか、日本人なんですなぁ。
で。
お花見には何ていっても海苔巻きだよなぁ。
海苔巻きに缶ビールとワンカップね。
うむ。
どういうわけか、外で飲むお酒はワンカップがいっとう美味いよね。
純米だ大吟醸だヘチマだのいうよりも、正しい日本の「ワンカップ大関」な。
あと、「長屋の花見」じゃないが、カマボコと卵焼きなんかがあれば言うことないな。
ああ…。
花見したいなぁ…。
たぶん今年はできないだろうが…。

いやいや。
芝居だって、ある意味、花見みたいなもんだ。
人間できる時にできることやっとけ!
You don’t know what you got until you lose it!
ってことだわな。

ま、がんばっとけ、オレ。

押忍。
[PR]
by mop-makino | 2008-03-26 23:48
春は自転車に乗って。
自転車通勤はその後ルートも確立し、当初片道55分かかっていた道のりも40分強にまで短縮された。
ま、エレレ氏のアドバイスにしたがって空気を入れ直したりサドルを高くしたりして走行がラクになったのと、あとはまぁ慣れたってことである。
で。
稽古は昨日から第2クールに突入している。
各場面少しずつ流れや連携が良くなって、だんだんにカタチが見えてきた。
まあ、まだまだハードルは高いのだが、難しいのが面白いって感覚は相変わらず続いている。
毎度のことだが、Cobaさんの音楽は今回も素晴らしいし、各スタッフもフル回転で仕事を進めつつある。
ま、こちらのほうは引き続きご期待いただきたい。
それにしてもだ。
ぶーでだよ。
ますますぶーでになってきた。
理由はひじょうにはっきりしていて、相変わらずいっぱい食べてるからだ。
だってさ、ご飯が美味しいんだモン。
ばか。
だモンじゃねえよ。
食うなよ。
わかっちゃいるんだがねぇ、これがなかなか難しい。
現在は、かつて『まんてん』執筆初期に記録した自己最高体重にあと数kgというとこまで肉迫している。
文字通りの「肉迫」だ。
うーむ。
ダメじゃん。
あの時はおのれの肉体のあまりの重さにイヤんなって一念発起してダイエットし、18kg落としたのだが、まる5年かけてきわめて緩慢にリバウンドした格好だ。
うーむ。
よろしくない。
ま、今んとこ胃腸関係はすっげー健康ということの証明ではあるのだが、それはそれとして、きわめてよろしくない。
着られる服がどんどん少なくなって、ぶーで時代のズボンを奥から引っ張り出してはいたりしてるのが、われながら何ともはや、もう情けないことこのうえなし!
いっとういけないのは、そうなってくると着る物にかまわなくなることだ。
先日、もぼとオカモリくんと神宮にオープン戦を観に行ったのだが、オカモリくんに「オシャレのかけらもない格好ですね」と言われちまって、返す言葉もなかったよ。
ま、野球帽かぶってポケットにスポーツ新聞突っ込んだ格好でオシャレもくそもないわけだが。
ちなみにそのときに着ていたブルゾンは大きすぎて着られないからと昔オカモリくんからもらったものなわけだが。
ま、とにかくそんなわけでな、明日も自転車をこぐのだよ!
こげ!
こぐのだ!
こげよマイケルだよ!

ま、マイケルじゃないがな。
[PR]
by mop-makino | 2008-03-18 01:01
すまなかった、リカ。
音楽劇『ぼんち』の稽古が始まって早5日目である。
まだいろいろなものが手探りなのだが、とりあえず今日で一幕の大ざっぱな段取りがついた。
物語は、戦前の大阪船場の足袋問屋の若旦那が放蕩を重ねる話であって、しかもそれが今回は音楽劇でもあるという、まさにいろんな意味でハードルが高い作品なのだが、ま、「難しいということは、そのぶん楽しい」ということでもあるわけで、とりあえず最大限に楽しみながら、ちゃんと苦しんで作っていこうと思う。
原作は山崎豊子さんの往年の(ほとんどオレが生まれたくらいの年だ)ベストセラー小説である。
それにしても、今回の原作ということで、オレ、恥ずかしながら初めて山崎豊子さんの小説読んだんだけど、いやー、面白いね。
今さら何言ってんだって話だが、やっぱり偉大な作家さんだったのですね。

でだ。
話はどんどん変わるが、今回はダイエットもかねて稽古場まで自転車で通っているのだが、これがねぇあなた、なかなか大変なんですわ。
稽古場そのものへはオレんちの近くの五日市街道をまっすぐに走って行きゃいいのだが、ところがその五日市街道に出るのに一苦労なのよ。
とにかくオレの引っ越した堀ノ内というところは、もうやたら道がややこしいのだ。
毎日いろんなルートを探っているのだが、どうも五日市街道にすんなり出られない。
もっと最短のルートがあると思うんだが、どの道を通っても、何だかすごく遠回りをしているような気がしてならない。
「堀ノ内」って町名やめて、いっそ「ラビリンス2丁目」とかにしてみちゃどうだってくらいのもんだ。
とりあえず明日はまた違う道を行ってみるけどさ。

でだ。
またまた話は変わるが、唐突だが、香山リカって人もえらいな。
最近まとめて何冊か新書を読んだらとっても面白かったのだ。
この人、世代的にも近くて、てことはサブカル的な部分でもきっと共通してる部分が多くて、なおかつ向こうは頭良いんだろうし、おまけにあんなメガネかけてるし、香山リカなんていうペンネームだし、それでプロレスファンとか言ってるし、何だかちょっと個人的に恥ずかしいというか、ずっと苦手な人だったのだが、実際に本読んだら、これが面白いんでやんの。
実はさ。
そのちょっと前に読んだ別の女性著者の本が(それはとある人の評伝のような本なのだけど)、そりゃもう、ものすごぉ~くビックリするくらいの悪文でさ。
いや、こんなバカ文書いてるオレなんかに「悪文」なんて言われたかないだろうけどさ。
それにしても文章がね、もう、どんどんねじれていくのよ。
何べん読み直しても意味がよくわからない文章、文節が続出。
愉快なくらいよ。
よくこんな本が出版されるものだなぁと感心するくらいよ。
その人の本読んだあとだったから、余計に香山リカの本は、そりゃもう偉大と言っていいくらいに明晰だったのですよ。
いや~。
すまなかった、リカ。
不明を恥じる。
ちゃんとした、えらい人だったのね。

何か、そんなのばっかだ、オレ。

すまん、いろいろがんばる。
[PR]
by mop-makino | 2008-03-11 00:44