マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ビバ、マヌケ!
何やかんやとバタバタしつつ。
ま、毎度のことではありますが。
先週の土曜日は沢田研二さんのコンサートに行った。
いやー、良かったっすね。
1曲目が「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」で2曲目が「ラヴ・サムバディ」だった。
どう良かったかは、もうそれで察してくれ。
ホンマに良かったよ~。
はァ~…。
で。
これまた毎度のことで話は変わるんだが、今週ちょっと笑ったこと。
NHKの「バッテリー」とかいうドラマ撮影中に起こった不祥事。
何かさ、どっかの学校でロケしてて、ドラマの設定上、そこに停まってた車に美術さんが作った岡山の架空のナンバープレートをくっ付けて撮影してたらしいんだけど、そしたら、誰も気がつかないうちにその車がそのプレート付けたまま発車して、どっかに行っちゃったんだって。
それで、関係者があわてて警察に届け出て、当然なのだがいろいろとお叱りを受けたらしい。
あはは。
アホや。
マヌケだ。
こういうニュースは何となくなごむな。
オレ、ラジオで聴いて、ひさびさに声出して笑っちゃったよ。
でも、けっこうマスメディアでは叩かれてたよねぇ。
「NHKがまたやった!」って感じで。
職員によるインサイダー取引が発覚した直後だからというのもあるのだが、こればっかしはちょっと同情してしまったねぇ。
だってさ。
全然別のことでしょ?
ズルいことしたってのと、マヌケってのはさぁ。
ズルはいかんけどさ、マヌケは、ま、しょうがないよ。
いいじゃん、それくらい。
ズルいことをして薄汚いのはきらいです。
でも、マヌケは好きです。
一緒にしちゃいけませんや。

なぁ?
ちょっと落ち着いて行こうぜ。
[PR]
by mop-makino | 2008-01-24 23:57
『ちりとてちん』ノーヒット・ノーラン!
『夢のひと』東京公演は無事に終了しました。
観てに来ていただいた方々、ホンマにありがとうございました。
ええ芝居でしたな。
で、芝居は現在は北海道をツアー中である。
昨日が函館の近くで初日だったはずだ。
オレは次の公演の準備が忙しくなって、さすがに今回は帯同できないのだが、今朝ニュースで観たら、何と旭川で零下30度だとか言ってた。
ひえー。
マイナス30度だぜ。
一行は来週くらいから旭川のはずだからね、ちょっと他人事じゃない。
大丈夫かね、みんな。
ま、役者さんも大変だろうが、毎日のように搬入・仕込みと本番・バラシ・搬出を繰り返さなくてはならないスタッフさんたちにとっては、これはもうかなりの荒行ツアーだろうと思う。
くれぐれも無事を祈りたい。

ところで。
話は違うけど、今朝の『ちりとてちん』(第90回)は傑作だったね。
もちろん話そのものも感動的な回だったけど、いっとうすごかったのは場面がヒロインの実家の居間一つだけだったことね。
場面が一つだけってことは、オープニングタイトルを除けて14分間の舞台劇を書くのと同じってことだ。
これを書くって実は大変なことだよ。
手間も格段にかかるしね。
少なくともオレは朝ドラでは初めて見た。
朝ドラの場合、通常は10~15くらいの場面で構成されている。
昔はシーン自体が長くて、5~8つくらいの場面で出来てるものが多かったけど、最近の朝ドラは、視聴者を飽きさせないという理由で展開の早さが求められる傾向があって、そうすると必然的にシーン数が増えるのね。
少なくとも『まんてん』を書いてた時にはそう言われた。
特に最初の頃なんて一回で20シーン以上無理矢理盛り込むこともあった。
それで、中盤くらいからやっと「そろそろ10~13くらいのシーンでまとめて行ってください」なんて言われたものだ。
オレは基本が舞台の芝居書きだから、長めのじっくりした場面が好きなのだけど、ドラマというのはそんなものかと思い、たいていは注文されるままに書いてたんだけどね。
でもね、ちょっと反骨心みたいなものもあって、ヒロインの満天が陽平にプロポーズする回だけは登場人物二人だけで1シチュエーションで一気に14分書いてやると内心で思ってたのね。
これ、結果的には間に回想シーンを挿まざるを得なくなって医者役の人なんか出て(佐藤心だった!)登場人物3人になってしまい、台本上の場面数(シーンナンバー)も増えてしまったのだけどね。
でもね、志としては、オレにだってそういうのあったわけよ。
だから、今朝の放送観てて、途中で「お? これはもしかして?」と思ってからは、「おう、ガンバレ、このまま行け、途中で場面変わるな!」と妙なところで手に汗握ってた。
まるでノーヒットノーラン達成の瞬間を見守ってるような気分だ。
ま、たかが朝ドラでそんな見方してる奴もどうよって感じなんだけど。
で。
結果はもう見事としか言いようがない!
台本上のシーンナンバー表には「S#1 小浜和田家の居間」とだけしかないはずだ。
あはは。
これは痛快だったなぁ。
オチの台詞もこれ以外にないくらいに決まってるし…。

いや、今日はええもん見せていただきました。

ま、オレもがんばれって話だがな。
ばふ。
[PR]
by mop-makino | 2008-01-18 23:41
あけまして。今さらですが。
えー、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくってことで、ひとつ。
年末年始は、ま、バタバタはしておりましたが、穏やかなお正月ではありました。
何というか、その、ありがとうございます。
何だかとりあえずいろんな人に感謝しておきたい気分なんで。
サンキュです。
で。
今日からサンシャイン劇場の『夢のひと』の仕込みです。
このお芝居は、ほぼ二年前になるけど、大阪の吹田メイシアターで初演したものです。
とてもいいお芝居だったので、キャストたちとぜひ東京で再演しようという話になって、ま、紆余曲折はあったけど、ようやく今回の上演にこぎつけたものです。
昭和初期の大阪の女郎置屋を舞台にした上質な人情劇であり恋愛劇です。
人情劇で恋愛劇なんだけど、不思議にあまりベタベタしてないんですね。
ささやかなんですけど、とてもハートフルな良い芝居なので、ぜひたくさんの人に観ていただけたらと思います。
9日~14日、池袋のサンシャイン劇場です。
その後、北海道の9箇所で旅公演があります。
北海道でこのブログを読んでる人なんて、まぁほとんどいないでしょうけど、お近くに来るようでしたら、これを機会にぜひ。
ね。
だまされたと思って。
いや、別にだましゃしませんが。
では、とりあえず今日は仕事始めなんで、こんなもんで。
ちゃお。

だから何だおー、ちゃおって。
[PR]
by mop-makino | 2008-01-08 02:03