マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
謎だ。
『ナツひとり』は無事に稽古場を終了して、今日から劇場仕込み。
明日は道具調べと明かり合わせで、まぁ、立て込んだ大道具をチェックして、照明を作る作業である。
演出家としては、この日は基本的に眺めてるだけで良いのでラクな日ではある。
本番通りのセットや照明が出来上がってゆくのを見るこの日は、徐々に物語の世界が立ち上がってゆくのを目の当たりにする日でもあって、好きな日でもある。

ま、それはそれとしてさ。

芝居とは関係ないんだけど、今すっごい疑問が一つあってさ。
高円寺にある紳士服量販店のことなんだけど。
高円寺ってのは、おそらく若い独身の男が暮らすにはとっても居心地がいい町だと思うのね。
手ごろな飲み屋さんもいっぱいあるし、古本屋や古着屋なんかも多いしね。
駅のトーキューストアは24時間営業だし、周囲には吉野家も松屋も富士そばもあって、これらも当然24時間営業だ。
コンビニだってじゅうぶんすぎるほどある。
そういや「天下一品」もあるしな。
うむ。
それにしてもすごいよね、日本って国は。
こんなに24時間営業の店が多い国は世界には他にないんじゃなかろうか。
ニューヨークにも24時間営業のスーパーマーケットとかデリとか時々あったけど、こんなに乱立してた場所はなかったし。
それだけまだ治安のいい国ということなんだろうか?
ま、いいや。
でさ、どうしてもわかんないのが、駅の近くにある紳士服量販店も24時間で開いてることさ。
何でだ?
夜中の3時や明け方の4時にスーツ買う客がいるのか?
わからん。
解せんわー。
どう考えたって、店を開けてる人件費やら電気代やら以上の売り上げが深夜にあるとは思えないのだがなぁ。
そりゃ急にお通夜だ葬式だってことになって喪服買いに来る客くらいはいるだろうけど、そんな客が一晩にそう何十人もいるものではなかろうに。
なぜ?
なぜ24時間営業してはんの?

誰か知ってる人いたら教えてくり。
すっげー気になってんだよ。
[PR]
by mop-makino | 2007-10-29 00:49
しばらくっす。
あー。
はー。
何かすげー更新してなかったのね。
前に書いてからもう一ヶ月くらい経ってるのな。
けどね、何ちゅうかあれから怒涛の日々だったのよ。
忙しい、っていうかね、何かホンマに余裕がなかったの。
その間に阪神はみるみる失速し、CSも終わってしまい、リーグ優勝は巨人だが日本シリーズは中日が出るというよくわからないことにもなっている。
その間にオレは何をしていたかというと、ひたすら十一月一日初日の新橋演舞場公演『ナツひとり』の稽古中だったのだ。
いやぁ、これがねぇ。
やっぱりこの規模でオリジナルの新作をやるというのは大変なもので、稽古以外にも打ち合わせだの音楽録音の立会いだの何だのっていろいろあって、マジな話、けっこう毎日遅くまでかかってて、家に帰ればクタクタやったのよ。
先週やっと一日休みがあったのだけど、ほとんど外には出ずに、電話も一切出ずにもうひたすらゴロゴロしてた。
本当は文学座の『殿様と私』の稽古場にも顔を出さなきゃいけないとも、扉座に頼まれてる台本の構想を練らなきゃとも思ったのだけど、とてもじゃないがそんな元気はなかった。
そして、そんなこんなしてるうちに早くも稽古は大詰めなのである。
稽古場も残すところあと四日だ。
その後劇場に入れば、毎度のことながら、さらにシビアな時間との勝負である。
うへー。
早えー。
しかし、今回もうまく行けばとても良い芝居だと思うよ。
いや、うまく行けばってのもちょっと無責任な言い方か。
ま、当然うまく行かせるわけだがな。
それが仕事なんでな。
主演の仲間由紀恵さんもがんばっておるしな。
本格的な舞台は今回が初めてみたいなもんだそうだけど、怖さも楽しさもまだ知らないわけだから、ひたすら真っ直ぐに打ち込んでて、日々どんどん良くなってる。
たいへん頼もしい。
そういや、ちょっと違う話なんだが。
長らく会わなかった人同士が挨拶する時には、よく「お久しぶりです」なんて言ったりするけど、でも実はこれってけっこう最近の言い回しで、昔は「しばらくです」「しばらく」などと言ったものなんだそうだ。
これは二十年くらい前の山口瞳さんのエッセイで知った。
(もちろん「お久しぶりです」なんてのもまったく言わなかったわけではないだろうけども)
そういや、山田太一さんの脚本だと、よく「やあ、しばらく」ってのが出てくるよね。
ある世代から上にはそれが当たり前だったってことの証左だと思う。
こういうことって、日常生活ではどっちであろうが大した意味はないんだけど、劇作上ではけっこう大切なことなんだな。
その時代の雰囲気とかかもし出すディテールとして大切なのだ。
今回の芝居にも「しばらくね」という台詞があるのだが、それをつい「お久しぶりね」と言ってしまったナツに対して得意顔で上記のようなウンチクをたれたオレだ。
ある意味、絵に描いたようなオヤジだ。

ま、オヤジだからいいんだが。

PS
その1
あの後、バーベキューは二回もやった。
幸せやった。
やっぱ人生はバーベキューやな。
これからできるだけいっぱいやろうと決意したことよ。

その2
NHKが放送してくれた『エンジェル・アイズ』は、2時間の編集バージョンなので、仕方ないこととはいえ、いっとう面白いところがカットされてる気がしますな。
完全版はぜひDVDで!
頼むぜ、みなの衆!
[PR]
by mop-makino | 2007-10-24 01:23