マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
『天国を見た男』無事終了!
『天国を見た男』、無事終了しました。
掛け値なしに千秋楽の芝居は最高の出来だったと思う。
前日久々の2ステージをやり、その後でスタッフキャスト全員参加の打ち上げがあって、午前3時まで飲み、そこへもってきて翌日マチネの舞台なのだから、みんな疲れが残ってヨレヨレかもなぁと内心思っていたのだが、まったくそんなことがなかった。
ちょっとした奇跡みたいだ。
もちろん千秋楽のお客さんはまた格別であり、そのお客さんに乗せられたという部分も大きいのだが、とりわけ沢田さんの集中力がものすごい。
今回目指した理想の芝居にもっとも近づいたと思う。
こうなればもはや無敵状態なわけで、いやぁ、ホンマにおもろかったな。
こんなふうに終われる芝居というのは幸福である。
終演後に東京組はそのまま帰京予定だったのだけど、オレは自費でもう一泊することにして、蟷螂さんや野田晋、宗彦、綾などの地元組とお疲れ会。
翌日、谷3の「夢屋」の盛りそばと京都ビィヤントのカツカレーを食べて心残りなく帰京。
でもって、今日は洗濯。
これで去年の『水平線ホテル』以来続いた9連戦のうち8戦目までが終了。
思えばホンマにあっちゅう間やった。
いよいよこれからは『ズビズビ。』一本槍だ。

さぁ、どうする、オレ。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-29 15:30
大阪あと二日。
早いもので大阪公演もあと二日だ。
大阪は今回の芝居の舞台であり、つまり本場でもあるので、幕を開ける前はちょっとドキドキしたのだが、お客さんは温かく見てくれてる。
ウケもいい。
ありがたいことだ。

ところで、早いもので、もう8月も残すところ数日だね。
子どもの頃はイヤだったよな。
ウカウカしてるうちに、気がつけば夏休みが終わりに近づいてる。
その時の、何ともいえない、「し、しまった。こんなはずじゃなかった……」という感じ。
この歳になると、人生ってのも似てるなって思うけどな。
まだまだ時間があり余ってると思っていたのに、知らないうちに残りが少なくなってるっていう感じとかがさ。
何か景気の悪い話だと思われるかも知れないけど、そんなつもりでもない。
人生の秋を感じるからこそ、はじめて美しいと感じられる事柄もあるわけだしね。
「ゆく夏を惜しむ」って気分も悪くない。
ここ数年、ヒートアイランドとかで夏は邪悪なくらいに暑かったりするのだが、それでも夏ってのはいいね。
夏は好きだ。
それはそれとして、劇作家というものになって以来、この「夏休み終了直前!宿題手付かず!ピーンチ!」という気分がずっと続いてる。
一年のうち、だいたい十ヶ月くらいはそういう気分で暮らしているのな。
それもどうよ。
中学生くらいの頃は想像もつかなかった。
大人は宿題がなくていいなぁなんて思ってた。
うむ。
世の中ってのは甘くないね。
中学生は覚えとけ。
甘くないぜ。

悪いばっかのものでもないが。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-26 11:47
さらば、とみ寿司。
京都の百万遍に「とみ寿司」というお寿司屋さんがある。
M.O.P.旗揚げメンバーの清水秀一の下宿が近かったせいで、学生時代からよく通った。
何しろ安かったしな。
いちばん安いコハダ、サバ、ゲソ、ドウビンなんてのは一個20円だったし。
昔は打ち上げなんかもよくやったし、最近でも京都に寄れば必ず顔を出していた。
キムラや勝平なんかが近くに住んでたこともある。
いろんな思い出もあるし、何しろかれこれ25年以上、四半世紀以上の馴染みである。
そのお店がこの8月で店を閉めると聞いた。
ビィヤントのおばさんからの情報だ。
そんなわけで、日曜日。
名古屋公演終了後、キャストスタッフは全員大阪へ移動するのだが、オレだけ京都で途中下車して「とみ寿司」へ行くことにした。
清水と堂岡にも連絡して「とみ寿司」集合ってことに。
つまりまぁ劇団旗揚げメンバー(3人)で旧交を温めつつ、飲んだわけだ。
うむ。劇団史的に歴史的な夜といえまいか?
いえんか。
ま、そんな大そうなもんじゃないわな。
とにかくそれはそれで愉快だったのだが、何となぁ、その夜がまさに「閉店の夜」だったのよ。
大阪からの帰りがけでは間に合わなかったってことだから、あぶないところだった。
しかしなぁ。
ま、こういう時ってくるのな。
さびしいが、仕方ない。
ちなみに閉店時にいちばん安かったネタはゲソで一個30円。コハダ、サバは一個50円になってました。

「とみ寿司」フォーエバー。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-22 09:05
ナイト・イン・ナゴヤ。
名古屋初日の2ステージは無事に終了した。
名古屋のお客さんは思ってたよりノリがいいので、ちょっとびっくりした。
ま、芝居がこなれてきてるためもある。
きめるべきところはきめるが、それ以外では無駄な力みが取れて、いい具合にリラックスできてる。
こういう芝居では、そういう空気が何よりも大事だ。
あと、そもそも今回の芝居と名鉄ホールっていう劇場の相性の良さってのもあるのかもしれない。
ま、今から残りの1ステージ。
しまっていきましょう。
ところでさ。
金曜の夜はちょっとご機嫌だったですよ。
ホテルまで帰ってきて、有志10人ほどで近くのアイリッシュバーで飲むことになったんだが、店が混んでたので、外テーブルを持ち出して、路上で飲むことになった。
で、その店ではバイオリンとピアノでケルト・ミュージックのライブをやってたんだけど、Cobaさんのリクエストで外でも弾いてもらうことに。
それだけでもずいぶんゴキゲンなんだが、そのうち店にたまたまオンボロのアコーディオンがあったので、興に乗ったCobaさんも飛び入りで路上セッションということになった。
いやぁ~、これがもうホンマにね。
ええもん見せてもらいましたわ。
もう日本じゃないみたいだ。
気分はリバプールのマシュー・ストリートだよ。
音楽ってのはいいね。

何か、いろんなものに感謝。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-20 11:20
トラ!トラ!トラ!
コンビニで『トラ!トラ!トラ!』のDVDを買った。
990円だ。
すごいね、こんなん買えちゃうんだね、今は。
『トラ!トラ!トラ!』は今までも折にふれて何度もレンタルしてるので、しかも借りようとしたときに貸し出し中とかずいぶんあったので、これでもう大いに安心だ。
この映画は公開時に夢中になって観た。
小5だ。
当時、オレたちの仲間内では大いに盛り上がり、5年1組のお楽しみ会で「トラ!トラ!トラ!われ奇襲に成功せり!」という寸劇までやった。
うん、今考えればすごいな。
どう考えても無理があるもんな。
ヤスジくんが源田実中佐の役で、ゼロ戦での着艦に失敗して下手から転がり出てくる場面だけはよく覚えてるが、それは凧糸で引っ張るゼロ戦の書割を描いたのがオレだからだ。
ま、誰にもわからない実にどうでもいい話なわけだが。
とにかく、昨日は名古屋に出かけるギリギリまでそのDVDを観てた。
とりあえず攻撃隊発艦シーン(圧巻!)だけは観て気合を入れて行こうって寸法さ。
いやー、しかし何度観てもかっちょいいな、あのシーンは。
てなわけで、昨夜から名古屋に来ている。
『天国を見た男』の名古屋公演のためで、その後そのまま大阪に移動して来週水曜日からは大阪公演となる。
今日は今から名鉄ホールで舞台稽古だ。
さすがに10日間のインターバルがあったので、ちょっとドキドキする。
何しろ名古屋では小屋の条件が大きく違うので、裏の転換とかずいぶん大変そうである。
怪我の出ないように、慎重なリハーサルが必要となる。
本番は明日と明後日。
名古屋のお客さん、お待たせしました。
どうぞ、たくさんいらしてください。

ええ話でっせ。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-18 11:22
DVD観たぜ。
いいね。
茗荷とネギきざんで冷奴にそえてな。
で、ビールね。
夏はいい。
これで野球がなぁ……ま、以下自主規制なわけだが。
ところで、久々にDVD観たぜ。
たぶん春に観た『ギャラクシー・クエスト』以来だ。
終戦記念日なんで、何かちなんだDVDでも借りてきて観ようってんで、『男たちの大和』借りようかと思ったんだけど、30本くらいが見事に全部貸し出し中でやがんのな。
へぇ~、みんな、そんなに好きなのか、『男たちの大和』が。
ま、いいけどな。オレ急がないし。
で、関連コーナーみたいなとこに『君を忘れない』とか置いてあるのさ。
言っちゃ何だが、ありゃダメだったがなぁ、オレは。
キムタクが「やべ!」とか言っちゃうもんなぁ。
特攻隊は「やべ!」とか言っちゃいけません。
「忘れない」というよりはむしろ「きみを忘れたい」という映画だ。
うまい。
ばか。
うまかありません。
で、いろいろ迷って、結局、『ああ、同期の桜』というのを借りて観た。
昭和42年度作品。
鶴田浩二、高倉健、松方弘樹、千葉真一などなど、東映オールスター映画。
内容はともかくとして、こういうのは少し身が引き締まるね。
とりあえず戦後22年だ。
物語は公開時の時勢にあわせて美しく粉飾されたりもしてるんだろうが、出演者たちの身体の中にまだ生々しい時代の記憶が隠しようもなく残ってる。
ほんのささいな仕草とか声音とか、当時を生きた人間の、生々しい生活の断片っていうのかな、そんなのが確かにあるんだな。
てなことで、終戦(ていうか敗戦だよな)記念日記念視聴終了!
明日返却に行ったときに『男たちの大和』1枚くらい戻ってきてたら観るけどな。
戻ってきてなかったら自分のビデオで『男たちの旅路』観ちゃおう。
「男たちの~」つながりってことで。
あ、もちろん鶴田つながりってことでも。
そんなんでいいのか?

いいよな、夏休みなんだし。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-15 00:14
アイム・ダウン。
やんなるね。
また風邪ひいたよ。
扁桃腺が腫れて熱発した。
一昨日の夜は38度5分から39度2分といった(平熱の低い)オレとしちゃかなりの高熱が出て、文字通りぐだぐだしてた。
「なんかあんた、仕事してるか風邪ひいてるかどっちかやな」とはキムラの弁だが、たしかにそんな感じもあるな。
ま、仕事が一段落すると緊張がとけるので昔からそういうとこあるがな。
病院でもらってきた薬をのんだので、今日はもう熱は下がった。
外はいよいよ夏らしくなって、セミがわんわん鳴いている。
静かで、いい。
日本の夏ってやつだわな。
蚊取り線香つけて、ニノ・ロータのLPかけて、読みたかった本など読んで暮らす。
やんなきゃいけないことは例によっていろいろあるのだが、ちょいタンマ。
ええ、ちょい、タンマってことで。

今日んとこはひとつ。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-13 12:28
身内ブログ細見。
『天国を見た男』東京公演は無事に終了した。
いい千秋楽だった。
とりあえず、みんな幸せな状態で終わることができて、こういうのは本当によかったと思う。
やれやれ、ひと安心っす。
今日はホンマに久しぶりにどこへも出かけず、夕方からリアルタイムで野球中継をみた。
横浜阪神戦。
いや~、福原よかったね。
たぶん沢田さんもみてたのではないかと思うな。
とりあえず東京公演を観に来てくださった方々、ありがとうございました。
でもって、名古屋と大阪のお客さまはもう少し待っててくらはい。
でもってみなさん、頼むし忘れずに『ズビズビ。』も来てくらはい。
このブログはもともとそれがいっとうの目的だしね。
とにかく劇団の芝居は自分たちではとても面白いと思っているので、純粋にもっともっとたくさんの人に観ていただきたいのだ。
そもそもそういう理由で、今年はHPをリニューアルして、ほぼ全員がブログなるものを始めたのだった。
さっき、久しぶりにいろいろ読んでみたが、こういうんはやっぱそれぞれに個性というか、人となりが出ておもろいことはおもろいな。
しかし、小市の「たんすどん」って何よ?
オリジナル昔ばなしか?
ま、いいが。
ちなみに、オカソンのがけっこう読ませるな。
ていうか、文字通り独自のオカソン・ワールドを展開しとって、あまりついてはいけんわけだが。
何か可笑しい。
奥田は蚊に喧嘩売ってるし、ま、あいかわらずロックンローラーではあるな。
あ。
今まで気づかなかったんだが、友Qの『雑念エンターテイメン』ってのは、もしかして『ザッツ・エンターテイメント』のもじりなのか?
え? そうなのか?
そうならすごいが、そうでなければ、あいかわらずのただの友Qだな。
そうでないこと希望。
個人的にはがまの題名が愉快だ。
『がま魂』。
やっぱ「がまこん」って読むんだろうな?
「がまだましい」だったらちょっと何だかだ。
「がまこん」希望。

そんな休日。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-08 23:54
ねこが来た。
そうか、「実写」は何かの略じゃなくてまんま「実写」という言葉なのか。
なるほど。教えてくれた方よ、ありがとう。
ていうか、まず辞書ひけよ、オレ。
なぁ?
すまんのう、どういうわけか、辞書をひくという発想が全然出てこなかったのよね。
何だか。
で。
今この瞬間も妙に落ち着かないのであるが、それは家の中にねこがいるからだ。
キムラがロケで4日ばかり留守にするというので、その間キムラねこを預かっているのだ。
いわゆる「みーちゅ」だ。
ねこなんてものは基本的には放っときゃいいものなんだろうが、こっちは慣れてないんで、やはり何かと気になる。
家中のいろんなとこにもぐり込んではガサガサいわせとるしな。
昨日はベッドの下にもぐり込んでのたうちまわって、身体中ホコリだらけになって出てきた。
頼むよ、もう。
かんべんしてくり。
そこで寝室は金輪際立ち入り禁止にしたのだが、入ってくんなよってんでドアを閉めて本を読んだりしてても、30分もすると寂しがってんじゃないかとか気になって探してしまうのな。
で、かつおぶしをやったりしてる。
かつおぶし大好きらしいのがねこらしくて愉快だ。
いかん。
甘やかしてる。
ねこばかだ。
ねこばかにはなりたくにゃいよ~。

何だそれ。ばか。
[PR]
by mop-makino | 2006-08-02 12:19