マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
▼ 町を歩くオレに時計はいらないぜ。
先週の話で恐縮だが、バレンタイン・デーということで、わざわざ郵送でチョコレートを送ってくださった方(KさんとSさん)、ありがとうございました。
プチ・チョコ成金だ。
ま、縁起物ってことで、ありがたくいただきやす。
ところで。
チョコレートは歓迎だが、あの、スパムっての? この1年くらいやたら横文字の宣伝メールが来やがんのよ。
もーッ。
たいていは「バイアグラってのを知ってるかい?」とか「これさえありゃあんたの彼女もウハウハだぜ!」とか(ちなみに原文は英語ね)、何かそんなのだ。
言うておくが、こちとらはバイアグラなんてものにはちっとも興味はないのだかんな。
だいたい心臓に悪いっていうじゃんよ。
やだよ、そんなの。
危なっかしいじゃんか。
で、バイアグラ以外に最近にわかに増えてきたのが、「時計買わね?」とか「高級時計のレプリカ、安くしときまっせ!」(原文英語)というもの。
ふん。
これも自慢じゃないがな、こちとら、腕時計ってものにもびっくりするくらい興味ないのだ。
来年には50になろうってオレだが、腕時計とともに過ごした月日は生涯で1年にも満たないくらいだ。
オレらくらいの世代だと、中学生になったら万年筆、高校生になったら腕時計を買ってもらうって感じで大人の階段を上ったもんなんだが、なぜか、この両アイテムとも、結局オレには身につかなかったのよな。
最初で最後の腕時計は、高校入学のお祝いにと親戚の叔父さんが買ってくれたシチズンの腕時計だった。
自動巻きで文字盤が鶯色のなかなかイカしたやつだった。
最初は嬉しがってしていたのだけど、そのうち夏になると、腕に汗をかくのが気持ち悪くてしないようになってしまった。
そしたら親父が「もったいねえな。それならオレのと交換するか?」と言ったので当時父親が使ってた懐中時計と交換した。
それは「セイコー・プレシジョン」といって、別名「鉄道時計」という大ぶりの手巻きの懐中時計で、いわゆる駅員さんが持ってるやつだったのね。
文字盤も大きくて見やすいし、何より懐中時計ってのがちょっとシブくて格好いい気がして、一も二もなく交換して、自分でも気に入って使ってたんだけど、これがまたよくオシャカになったのよね。
要するに、ズボンのポケットに入れっぱなしにしたまま洗濯しちゃうからなんだけどね。
それほど高いものではないので、何度か同じものを買い換えたのだが、さすがに4個目くらいを洗ってしまった時点で、とうとう時計を持ち歩くこと自体やめてしまった。
19くらいの頃だと思う。
以来、5年前に携帯電話を持つようになるまで、25年以上時計を持ち歩かない暮らしだった。
でもさ。
時計ってのは、なきゃないで何とかなるもんなんだよな。
駅の時計とか、店先の時計とか、何となくチラチラと見ながら歩いてりゃさ。
時間に関してはそんなふうに大ざっぱに行動してたけど、別段不自由はなかったし、待ち合わせに遅れたってことも(あんまり)なかったと思う。
そのくせがついてるので、今でも腕時計にはまったく興味がない。
宝石のように高い腕時計があるけど、あれはいったい何がそんなにいいのかね?
理解に苦しむ。
ましてや「レプリカあるけど買わない?」なんて話には200パーセント興味ありませんのだ。
オレ、けっこう男の必携アイテムっぽいものって興味ないもん多いんだよなぁ。
演出家がそんなこっちゃダメなのかなぁ?
でも、興味ないモノは興味ないもんなぁ。
だから、スパム送ってくんなよな。
て、こんなとこで言っても意味ないか。

ていうか、本物のスパム(ハム)なら大歓迎なわけだがな。
あれは美味いよ。うん。

何の話だ。
[PR]
by mop-makino | 2008-02-20 16:17
<< すまなかった、リカ。 忘れていたお宝。 >>