マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
▼ ダウンジャケットなんか嫌いだ!
おう。
みなさん、メリー・クリスマス!
と、実はついさっきクリスマスは過ぎ去ったとこなのだが、とりあえず時候の挨拶から書きだしてみた。
ただでさえ年末というのは何かと忙しないのだが、相変わらず何だかんだと細かい仕事や打ち合わせなどがあって、なかなか落ち着かない。
何ちゅうかさ、自由業のような仕事は今年はもうこれで仕事納め!みたいなんを自分で断固として決めないとダメだよね。
う~む。
ダメだねえ、われながら。
このブログは、たいていはどうでもいい、役に立たないことしか書かないのを旨としてるのだが、ま、それは見栄であり、ホントはろくでもないことしか書けないのね。
作家なのにね、いちおう。
はあ~ぁ。(長嘆息)
で、悪いが、またまたそういう話。
それは「ダウンジャケットなんか嫌いだ!」という話。
まさにザ・ベスト・オブ「どうでもいいよ、好きにしなよ」って話なわけだが。
何かさ、高校生になったばかりくらいの頃だと思うのな、あのダウンジャケットってやつを初めて見たの。
最初、マジで救命胴衣かと思ったもん。
モコモコしててさ。
今だから言うが、同じクラスの荒○くんが得意げに着てるのを見て、「何ていうか、それはかっちょ悪ッ!」って思ったのよ。
実は高級品であろうが、ウソのように軽くて暖かろうが、そんなん関係ない!
「そんなもん、オレは死ぬまで着ない!」と心に誓ったのだ。
何度も書いたが、その頃のオレは、ビートルズファンで、(主にブリティッシュの)ロックファンで、
ジュリーとショーケンのファンだったので、(どうせ着るなら革ジャンだ!男でロック魂のたぎった野郎なら革ジャンなのだ!絶対そうなのだ!)と思っていた。
もしくは黒のロングコートなッ!
ロングヘアーなびかせてなッ!
バカ。
いいから落ち着け。
で、「三つ子の魂は百まで」というが、思春期の思い込みというのも、なかなかこれ度し難いもので、いまだにダウンジャケットは買ったことがない。
のみならず、ダウンを着てる人を見ると、いまだに(ふッ、軟弱者めが…)と内心見下してたりする。
うーむ。
何様だ。
何様のつもりだ。
だが、しかし、そうなのよな。
こういう好みってあんまし変わらないものなのよ。
だが、しかし、だ。
最近、歳をとったせいなのか、重い革ジャンがつらいのだよなぁ……。
肩が凝ってなぁ……。
重い革ジャンをガシッと着込んで、その重さに耐えつつも顔には出さずにクールな顔でジョン・レノンな気分で歩いてる時にも、ふっと気づくと、(ああ、ダウンジャケットってやつも色が黒だったらロックンローラー的にはありかなぁ……)とか気弱なことを考えてたりするオレがいる。
そんな真冬の坂道であることよ。
うーむ。
そんな自分を叱れ、オレ。
「心に気障をなくしちゃつらすぎる」とかって誰か大事な人が言ってなかったか?
伊達男とはつらいものなのだ。
「ダンディズム、オンナコドモにゃわかるまい」なのだ。
というわけで、いまだにダウンジャケットは購入してないオレ。
ちなみに、あの、フリースってやつもな。

ま、誰にも頼まれちゃいないわけだが。
[PR]
by mop-makino | 2006-12-26 01:28
<< 翼のはえたブーツ。 液体系な話。 >>