マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
▼ 『俺たちは志士じゃない』劇場仕込みっす。
日曜日は大阪へ行って新歌舞伎座の『妻をめとらば』を観てきた。
いやいや、おもしろかったね。
今さらオレが言うのも何だが、藤山直美さんてなァ、もうメチャクチャすごいね。
さらにさ。
こういうことオレが言っちゃいかんのだが、正直、あの『MOTHER』(の改訂作なわけだが)を新歌舞伎座というのは、ちょっと怖かったのだよ。
やっぱ、お客さんに受け入れてもらえるだろうかってことでさ。
でも、まったく杞憂だったね。
お客さんにも受けてたし、オレ、自分でも何べんも泣いたもんな。
ま、自作で何度でも泣けるのは実にオレの長所なわけだが、あらためて、宮田さんの演出も上手いと思ったし。
あ、それも失礼か。
いや、というかさ、この作品に関しての宮田さん自身の愛情の深さみたいなのをしみじみ感じたのよ。
たぶん、絶対、作者のオレより愛情深いな。
ホンマ、ありがたいことです。
いや、よかったよかった。とりあえずすんげえ安心した。
で、よかったついでに、もう一つええ話。
帰りがけに新大阪の駅であからさまにテンションの高い甲子園帰りの母子(息子二十代くらいね)がいたので、「今日どうでした?」と訊いたら、お母さんが「今岡がなァ、やりおったで、サヨナラやァ!」と言って顔をクシャクシャにした。
お母さん、今岡の応援ユニフォーム着てはったしな。
そうか、今岡がなぁ。よかったなぁ。
何かさ、ちょっとジーンとしたよ。

で、今日は昼から『天国を見た男』の第二回美術打ち合わせだ。
何せキャラメルボックスの初日開けたら、翌日から稽古だからな。こっちもせっぱつまってんのよ。
で、それから池袋のサンシャイン劇場の『俺たちは志士じゃない』の仕込みへ。
毎度書くようだが、仕込み初日に舞台が出来上がってゆくのを見てるのは本当にワクワクする。
明日からは最後の追い込み、時間との勝負で大変になるんだけど、この日だけは演出家ってのはちょっと呑気でいいのでね。
今回の舞台美術は松井るみさんで、オレは初めて組ませてもらったのだけど、とてもいいぜ。
キャラメルボックスとしても、こんな舞台美術は初めてだと思う。
今回のはけっこうリアリズム系でやっていただいたので、何か、まるで新劇の舞台みたいでひじょうに愉快なんだわ。
滝沢修とか東野栄次郎とか出てきそうだ。
本番中にひょいと出てきたりしてな。
ウソ。出ないで。怖いから。

で、帰ったらワールドカップやってたので、観た。
サッカーに関しては全然興味のないオレなんだが、それでも前回のワールドカップは大阪で『まんてん』を書くためにカンヅメになってたつらい時期だったことを思い出し、「ああ、あれから四年たったんだなあ」としみじみした。
何かさ、あの時、赤い髪の戸田ってやついたよね?
ボランチの。
ボランチって何だか意味知らねんだけどさ。
戸田くんてまだ出てるの?
元気にしてはるんやろうかね?
と、まぁ、それくらい知識も興味もないわけだが、やっぱ全日本チームが戦ってると思うと、後半戦ずっと応援しながら観ちゃったよ。
そしたら、最後にトントン拍子で逆転されて負けちゃったね。
あれ、何だろう。
オレが中途半端に応援したからか?
そういやオレが観戦してる日に限って、タイガースもよく負けたりするからな。
ちなみに。
あの試合だと、最後は選手の人たちの心が折れちゃったことになるのか?
サッカーだとよく言うよね、「心は折れていなかった」とかってさ。
今日の試合って、また「○○の悲劇」とかって言われるんだろうか?
ま、とにかく、がんばれ日本だ。
オレ、あんまり観ないで、さり気なく応援しとくわ。

がんばれ。
心、折れないで。
[PR]
by mop-makino | 2006-06-13 01:01
<< 初日の朝。 ハード・デイズ&ナイツ。 >>