マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
▼ あれよという間に1月が終わってしまう…。
ひえー、もう1月も終わってしまう。

覚悟はしていたが、12月、1月と、ホンマに飛ぶように過ぎてゆく。

21日から25日まで韓国へ行っていた。
自作が韓国語に翻訳されて、そのリーディング公演があったためだ。
日韓演劇交流センターの主催で、今回は川村毅氏の『新宿八犬伝』と、オレの『東京原子核クラブ』と、岡田利規氏の『三月の5日間』という、なかなか日本ではありえないようなラインナップだった。
行く前はけっこう億劫だったのだけど、行ってみれば、それはそれでなかなかに興味深いものだった。
三本とも、観客を飽きさせないような演出がきちんとほどこされていて、どれも見応えがあったし。
言葉がわかんないので断言はできないけど、俳優のレベルもけっこう高いんじゃないかと思う。
リーディングが行われたのは、ソウルの大学路にあるトングラミ劇場という場所なんだけど、ここはかつてソウル大学があった跡地で、そこがいま劇場街になっていて、何でも百三十くらいの劇場があるんだそうだ。
何かね、京都の百万遍あたりが下北沢化したような感じ。
東京もこんなふうになってると観に行くの楽チンでいいのにね。
韓国の演劇って、食わず嫌いもあって、今までは積極的な興味はなかったのだけど、何だか行ってみると、けっこう熱く盛り上がってるらしいことがわかった。
三谷さんの『笑の大学』なんかもロングランしてるらしいし、日本の芝居もけっこう翻訳上演されてるらしい。
オレは最終日に清水邦夫さんの『楽屋』を観た。
これはテンポも早くて、けっこう笑えたな。

ただな。
寒かったのよな、ひじょーに。
オレたちが行くちょっと前までは零下18度とかにもなってたらしい。
オレは出発間際ギリギリまで仕事してたので、そういう情報もいっさい知らなかったのね。
行ってみて、ビックリさ。

ま、そんなこんなさ。

で、戻ってきて、昨日はその足でそのまま京都へ。
で、京都で二つほど用事をすませて、ついさっき戻ってきた。

そしたら、1月の残りはもう5日しかない。

しかもこの間に出かけなくちゃいけない用件が最低でもまだ4つある。

だいたいが新年早々、1週間のビハインドで始まってるのに、すでにしてこのビハインドは2週間になりつつある。

だぁ~!

ピンチだ!

ひじょーにピンチだ!

どーするだ!

どーするったって、ま、粛々とやるしかないわけだが。

はぁ~。
[PR]
by mop-makino | 2010-01-26 23:08
<< 金子さんお別れの会。 そういや『仮面ライダー』も知らない! >>