マキノノゾミのブログ
by mop-makino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼以前の記事
2011年 08月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
more...
▼最新のトラックバック
人探し専門の大阪の探偵社
from イーグルアイ
山田まりや
from Good!な芸能ブログ集
メガマックに喰らいつく
from 人生イチドッキリ!
『ズビズビ。』劇団M.O..
from 日々葱
真柴あずき、結婚っ!!
from 「加藤の今日」ブログ
▼劇団M.O.P.リンク
▼フォロー中のブログ
▼検索
▼その他のジャンル
▼ファン
▼記事ランキング
▼ブログジャンル
▼画像一覧
▼ 合掌。
どうでもいい話を更新するとか言ってたのに、加藤和彦さんが自殺してしまった。
「自殺」というのが、信じられない、どうしても。

しかし、まぁ、事実は厳然として事実である。
まさに、悲しくてやりきれないのだが、どうしようもない。

加藤和彦さんはミカバンドの頃よりも、ソロになってCBSに移って所謂ヨーロッパ三部作のあたりからよく聴いてた。
『パパ・ヘミングウェイ』が最初の傑作で、『うたかたのオペラ』を挟んで『ベル・エキセントリック』でとんでもなく極まり、その後の『あの頃、マリー・ローランサン』でまったく別の極まりを見せ、その後も『ヴェネツィア』、再びEMIにもどって『マルタの鷹』という傑作を作った。
この頃はとにかく本当によく聴いてた。
M.O.P.の芝居でも本当によく使った。

ていうか、オレ自身は80年代の半ばくらいから新譜というものをあまり聴かなくなったので、この辺の音楽は今でも日常的に愛聴してたのだ。
今年だって、『悲しきチェイサー』を書く時には、もちろん『マルタの鷹』をしつこいくらいに聴いてたし、坂崎幸之助さんと組んだユニットの「和幸」は『リボルバー』を書いてた時期の愛聴盤だった。(和幸の『ひっぴぃえんど』は客入れに流してたくらいだ)

それなのに。

どういうことなんだ、これは?

わからない。

自殺なんていうイメージからは、もっとも遠い人だったのに。

やりきれない。

今年は何なんだろう。
忌野清志郎が亡くなって、加藤和彦も死んじゃうって、いったい……。
そういや、マイケル・ジャクソンも死んだな。

何というか、そういうものなのか。
世の中って。

そういうものなのか?
[PR]
by mop-makino | 2009-10-18 22:54
<< ほ、細麺て……。 ログインしたぜ! >>